頑張ろうニッポン!共に支えあえましょう! 庄やグループは被災地のみなさんを応援しています支援活動について

食の安全・安心への取り組み

大庄基準

10.食材の品質確保・管理に関する大庄基準

食材の品質確保・管理に関する大庄基準

お店で働く従業員の教育、お店の衛生管理を徹底して、適切な食材管理を行い、食中毒の防止に努めています。

 自社の食品衛生研究所 が、店舗従業員の食品衛生に関する教育、計画的な店舗の立ち入り査察の実施、リスクが高いと判断される食品は微生物検査等の安全性評価を徹底して実施しています。

推進事項

  • 食材の適切な衛生管理による食中毒等の防止
  • 従業員に対する食品衛生管理に関する教育・指導

推進基準

  • 食品衛生法に基づいた衛生管理の徹底
  • 安全性に懸念のある食品の不使用
  • 店舗査察による衛生管理水準の向上
  • 従業員に対する食品衛生管理に関する教育・指導の徹底

確認及び検証

  • 店舗査察による評価及び改善指導
  • 従業員に対する食品衛生に関する研修教育の計画的な実施
  • 衛生管理に関する情報提供
  • リスク防止のための微生物等の検査

説明

 店舗等における食材の品質確保・管理については、食品衛生法等の国の基準を遵守することが何よりも優先されること、また、これらを総合的に把握したリスク管理の徹底が重要であり、このことを敢えて基準としています。
 この基準に基づいて、従業員の食品衛生に関する教育、計画的な店舗の立ち入り査察の実施、リスクが高いと判断される食品は微生物検査等安全性評価を徹底して実施します。

人類の健康と心の豊かさへ

このページの先頭へ